太陽のお隣の星

太陽、恒星
(Credit: NASA)

私たちにとって最も身近な恒星といえば太陽ですね。では、太陽のお隣の恒星について皆さんはご存知でしょうか?

今日は、太陽から最も近い星であるαケンタウリ星系を見ていきましょう。

スポンサーリンク

αケンタウリ星系

太陽から最も近い恒星は、南天に輝くケンタウルス座の中で最も明るい「αケンタウリ星系」と呼ばれる星です。

なぜ星系なのかというと、実は単一の星ではなく3つの星からなる星の集団だからです。その3つの星は、それぞれ

  1. αケンタウリA
  2. αケンタウリB
  3. プロキシマ・ケンタウリ

という名前がついています。

αケンタウリ星系の可視光での画像。(Credit: NASA)

こちらがαケンタウリの写真です。αケンタウリAとBが明るくて近くにあるため、一つの星のように見えますね。

プロキシマ・ケンタウリは暗いため、肉眼で観測することはできません

特徴

αケンタウリAは大きさが太陽の1.2倍、重さが太陽の1.1倍と太陽よりもひと回り大きい星です。一方でαケンタウリBは重さ、大きさともに太陽のおよそ0.9倍で逆にひと回り小さいです。

これらαケンタウリAとBは太陽と土星くらいの距離を保ってお互いにくるくる公転しています。

プロキシマ・ケンタウリは太陽よりもかなり小さく、赤色矮星とよばれる星の種族です。

αケンタウリAとBはお互いに重力的に束縛している双子のような星ですが、実はプロキシマ・ケンタウリは重力的に結びついていない、つまり全く無関係の星である可能性があるようです。そうであれば、いずれプロキシマ・ケンタウリは2つの星から離れ、宇宙のどこか遠くに行ってしまいます。

太陽系からの距離

αケンタウリ星系は、太陽系からおよそ4.2光年の場所にあります。つまり、光の速さで飛べるロケットが開発されれば4.2年で遊びに行けるということですね!

さて、人類が太陽系の外に人工物を飛ばしたことがあるかどうかご存知でしょうか?実は1977年に打ち上げられた「ボイジャー1号」という探査機が人工物として初めて太陽系の外に出ています!

太陽系外を飛行した初の人工物、ボイジャー1号。(Credit: NASA)

ボイジャーは40年以上の年月をかけ、現在は太陽系からおよそ224億km離れた宇宙空間を飛行しています。ここでαケンタウリ星系までの距離を思い出してみましょう!4.2光年ということでしたので、km換算するとおよそ39兆kmとなります。αケンタウリ星系までの道のりは、まだ2000分の1にようやく達したくらいですね…。

惑星が存在

プロキシマ・ケンタウリは惑星を少なくとも1つ持つことが観測から明らかとなっています。現在発見されている惑星は「プロキシマb」と呼ばれているのですが、水が液体の状態で存在できるハビタブル・ゾーン内に存在するようです。

では地球のように生命が育まれるのに適した環境かというと、必ずしもそうではないようです。

まず、主星であるプロキシマ・ケンタウリが太陽よりも小さな赤色矮星なので、可視光ではなく赤外線が主に降り注ぎます。ですので、地球上の生命が降り立ったとしても真っ暗な世界が広がっていることでしょう。

また、地球よりも主星の近くを公転しているため、プロキシマbには太陽フレアに由来するX線や放射線が強く降り注いでいるようです。おそらく大気もほとんど存在せず、地表は灼熱となっている可能性があります。

これらを考慮すると、ちょっと私たちはプロキシマbで生活するのは難しそうですね。もしプロキシマbに生命が存在するのであれば、きっと私たちが想像もつかない進化をたどったことでしょう。

最後に

今日のまとめです!

  1. 太陽系のお隣の星はαケンタウリ星系。これは単一の星ではなく、3つの恒星から成り立っている。
  2. αケンタウリAとBはどちらもほぼ太陽と同じような星であり、お互いに公転し合っている双子星。一方でプロキシマ・ケンタウリは太陽より小さな赤色矮星であり、もしかしたらαケンタウリAとBとは無関係の星かもしれない。
  3. αケンタウリ星系までの距離はおよそ4.2光年。太陽系を飛び出した初の人工物であるボイジャー1号をもってしても、到着は絶望的。
  4. プロキシマ・ケンタウリは少なくとも一つは惑星を持っている。ハビタブル・ゾーン内に入るが、地球とは全く異なる環境である。

お隣の星といっても、到着するのはまだまだ難しそうですね。いかに宇宙が広大であるのかということを実感させられます。。。

以下は本記事の参考文献です。

Are Proxima and Alpha Centauri Gravitationally Bound?
Using the most recent kinematic and radial velocity data in the literature, we calculate the binding energy of Proxima Centauri relative to the center of mass o...
A terrestrial planet candidate in a temperate orbit around Proxima Centauri
At a distance of 1.295 parsecs, the red-dwarf Proxima Centauri ($α$ Centauri C, GL 551, HIP 70890, or simply Proxima) is the Sun's closest stellar neighbor and ...
Revisiting Proxima with ESPRESSO
We aim to confirm the presence of Proxima b using independent measurements obtained with the new ESPRESSO spectrograph, and refine the planetary parameters taki...
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました